femona 女神たちの快楽

女性のオーガズムの為に 女性のオナニーの為に 女性上位 クンニ画像 顔面騎乗画像 S女 M女 S男 M男 女王様 男性ヌード画像 男性のオナニー画像 女性の性玩具 舐め犬 舌舐め奉仕奴隷 バター犬 ダッチボーイ 聖水 FEMDOM Japanese facesitting Forced cunnilingus Woman fucked man

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏バテしてませんか?

暫く更新できていなかったので、
今日から1週間、毎日更新します。


coolkids01

会社には属さずに一人で仕事をしているので、突然に不安感が襲い掛かり、
忙しなく働く事で安心感を得る毎日。
最近は貧乏性ったらありゃしない。
あれもしなきゃ、これもしなきゃなら良いけど、
あんなことはどうだろう、こんなことって需要はあるか? と、
畑違いのビジネスモデルまで ついつい考えてしまう。

coolkids02 coolkids03

とにかくお金を貯めなきゃ、浪費癖を無くさなきゃ と、思ってみても、
連休になると友人らからの誘いが重なり出費が増える。
友人からの誘いを全て受けていると、7月8月の出費は相当なものになってしまった。
実は昨日、アメリカから帰って来た。
男友達3人で海外旅行に行って来た。
どうせならイギリスに行きたかったけど、友達の予算の都合でアメリカになった。
料金が糞高いお盆のこの時期に行く必要あるか?と最初は渋ったけど、
結局は楽しみ、刺激を受けまくって帰国した。

coolkids04 coolkids05

女神様達と会う生活の時には、友達からの誘いをことごとく断っていた。
その反動なのか、夜を退いてからは友達と遊ぶ機会がめっぽう増えた。
今シーズンは5回も海に行き、日焼けったらハンパない。
今の僕は、一見するとチャラ男100%だ。
僕はナンパできない性格だから、友達が連れて来た女の子グループと遊ぶ。
海は人の気持ちを開放させるから、あんな事そんな事こんな事で3度、
そういう機会に恵まれた。
夜を退いてからはオナニー漬けの毎日だったから、とても満足できた。
エピソードは今週書きます。

coolkids06 coolkids07

◆今日聴いた曲
Echosmith - Cool Kids

エコスミスが気になりだして早半年、新人バンドながらWarped Tourで狼煙を上げ、
MTVの学生向けの新人バンド部門で注目を浴びていたのは昨年のこと。
アルバムがリリースされ、シングルカットされた曲が2ヵ月前に100位圏内に入っても、
日本語サイトにはいっこうに挙がらず、情報収集もできず、英字サイトをかたことで翻訳するしかない状況。
早くエコスミスを紹介しなきゃと焦っていると、今週のBillboardで40位圏内に入って来た。
もう書かなきゃダメでしょ、という事で思ったまんまの感想を乱文させるとする。
Echosmith(エコスミス)はカリフォルニア生まれのファミリーバンドで、
長男のジェイミーはギターで20歳、次男のノアはベースで17歳。
三男グレアムは13歳でドラム。長女のシドニーはヴォーカル兼キーボード。
ビッグダディ的な家族構成なのかどうかはさだかではありませんが、
シエトラさんちの4兄妹の平均年齢は、なんと17歳です。
それでここまでのクォリティなのだから、音楽の知識も才能もかなりのもの。
アレンジャーは誰か他にいるのだろうと思い、調べてみてもそれらしき名前は見つからない。
しかしプロデューサーの名前を見つけて納得、マイク・エリゾンドはMaroon5やGreenday等を手掛ける御方で、
この子達が一発屋では終わらないことが証明された。
16歳のシドニーのヴォーカルが良い。
過去に時代を飾った女性ヴォーカル達に似た声を持つ方達が何人かいたけど、
間違いなく好まれる声と歌い方をしている。
ジャンルでいえばオルタナというより、オルタナロックとした方が良いのかも。
男の子達はまだまだ素朴な印象だけど、1年後には洗練されちゃって
5 Seconds Of Summerみたいになっちゃうんだろうなぁ。
シドニーは16歳ながら完成された感がある。この子は化ける。
可愛いし他のMVを観るとオシャレ。
背伸び感は否めないけど、年齢相応の嫌味の無いファッションがステキ。
そんなあれこれを注目しながら活躍と進化を見守りたい。
イギー・アザレラやアリアナ・グランデがTop10の常連となっているアメリカチャートで、
ティーンならず音楽自体が好きなポップロックファン達も、エコスミスを応援するはずです。



◆歌詞の内容

えーと……、正直言って今回はよく解りません。

第三者の目線で、ある少女と少年を見ているような気がする。
目立たないその少女は、人に合わせることなく、周りから何かと遅れている。
同じく輪に入れず独りでいる少年を、歩みが遅いと言っている。
少女と少年はサビで言うのです。
♪クールキッズみたいになりたかったな
♪そしたら何にでも誰にでも合わせることができたのに

第三者は、決して二人を非難しているわけじゃないようにもとれるんです。
人に流されない二人を、語りの人は、羨ましく思っているようにもとれるんです。
彼らに好意を持っていることを、逆説で言っているような気もするし、
どこにも書いていないけど
「そんなんじゃダメ、皆に合わせようよ」って
そのままなのかも知れない。

ごめんなさい。今回はお手あげ。
海外の女神様。オレ、解んないや。


でもさ、大人になって友達に合わせまくっていると、
俺みたい、金が無くなるよ、と
本文と関連付けしたところで、今日はお終い。

Echosmith - Cool Kids

| クンニ | 18:24 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

クールキッズが伝えるメッセージ

早速、歌詞の意味についてどんな意見が出ているのか
ググってみました。
見つけたのは、米国メジャーTV局によるバンドメンバーのインタビュー。
http://radio.com/2014/01/10/new-music-to-know-echosmith-aspires-toward-role-model-status/

実際のインタビューの彼らの言葉と、そこから起こした記事の文章では、
こんな意見が書かれてました。
ジェイミー:メッセージはシンプル。本当にクールなのは、自分自身で
いること。でもファンに言われるんだ。歌詞にあるとおり、自分もそんな
気持ちになることがあるって。僕らと同じ年代のファンたちの声を
代弁している、そう感じてくれてる。外から見て自分をそんな風に
観察する。実際にクールキッズみたいな行動をするかどうかは別として、
そんな風になりたいって、誰もが一度は思うんじゃないかな。
そういう気持ちが僕たちをファンを繋げてくれる。

ということで、リョウタさんの解釈は外れてませんよ。

| 奈々子 | 2014/08/23 09:50 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。