femona 女神たちの快楽

女性のオーガズムの為に 女性のオナニーの為に 女性上位 クンニ画像 顔面騎乗画像 S女 M女 S男 M男 女王様 男性ヌード画像 男性のオナニー画像 女性の性玩具 舐め犬 舌舐め奉仕奴隷 バター犬 ダッチボーイ 聖水 FEMDOM Japanese facesitting Forced cunnilingus Woman fucked man

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マッサージしてもらってますか?

masxr01

男性から女性へマッサージする画像は過去に2度ほど貼ったかなぁ。
クンニとかセックスの最中じゃなくて、
マッサージ中のフワッとした女性の表情がとても好きで、
その表情や身体の微妙な動きを見ながら、軽いトークを交えて
マッサージするのが好き。

今日の画像のどれもボケちゃってる画像で、
画像としてのクォリティはまったく無いけど、
これでもたくさんある画像の中から、色んな女神様との時間を思い出して
「そういえばこんなかんじだったなぁ…」という画像を貼りました。

マッサージ台に乗った女性の画像もあるけど、
実際には長いテーブルの上でこんなかんじだった。

masxr02 masxr03

マッサージからクンニに流れるのが、僕にとっては一番自然だったから、
隣に座って会話して、服を脱がせて、
胸とか触ってキスをしなからマッサージをする場合もあった。
そんな時、僕は服を着たまま。
下着姿や全裸になっているのは女神様だけ。
仕事の後、まっすぐ女神様のところへ向かった時なんかは、
ジャケットも脱がず、ネクタイも外さないままで全裸の女神様の身体に触れた。
早めに反応したり、腰が波をうったりしたら、僕はスーツのままでクンニした。

感じながらも「シャワーを浴びてから…」と声を揺らす女神様も多かったけど、
最低2回、普通に3回は、いって欲しいからそのまま攻めることが多かった。

masxr04 masxr05

そういう始まり方じゃなくて、交えた後のまったりした時間に
まどろみの中で会話しながらマッサージに流れることも少なくなかった。
暑い季節は、二人で身体を寄せて寝ながら、汗ばんだ肌を触りながら、
会話を中断させずにマッサージに移ったし、
エアコンがききすぎた部屋の時は、スベスベした肌に手を滑らせて会話しながら
マッサージへと自然に流れた。

マッサージをしないデリホスさんもいる。
そんな人は自分やサービスに自信があるんだと思うけど、
僕には自信なんて無かったから、時間を無駄にはしたくなかったし、
とりあえずできることは全部やってあげようと思ってた。

masxr06

四つん這いにさせて手指で蜜壺を刺激している時、
大の字にさせて無防備な格好で悶えている時の、
波をうったり、ねじれたりする女神様の裸体はとても美しくて、
スーツを着たままの僕は、それを見ているだけで充分すぎるほど興奮した。
女神様もそのシーンに興奮するのか、
目を閉じたままでカラダがピクピクと動いてた。

masxr07 masxr08

胸を、乳首を触っていた指が、次の瞬間には股関節あたりに突然現れたり、
両首筋から鎖骨までを両手で触れ、顔の筋肉まで緩んだ女神様を見ながら、
突然右手を首筋から離し、乳首へと出現させる。
そんな時の女神様からはフッと息が漏れて、緩んだ顔の筋肉は違う働きを咄嗟に始める。
「ヘヘw」。僕の内心はそんなかんじ。
女神様の反応に楽しんでた。

乳首で戯れた5本の指は、時折女神様の腹筋を硬くさせたけど、
指はだんだん下に移動して、やがて股間で戯れ、脚の内側を滑るように移り、
また股間へと戻ってくる。
そこに意識の集中を始めた女神様だけど、僕の左手はまだ首筋と鎖骨を行ったり来たりのまま。
意識なんてまだ集中させちゃダメ、とばかりにようやく左手は胸へと移動する。
胸と蜜壺をようやく同時に攻め始めた。
でもまだ僕の唇が暇してる。

masxr09 masxr10

ここでキスをして、女神様なりの呼吸のリズムを邪魔をするのもなぁ。
いずれそのうち、キスはするけど、まだ早いかなぁ。
さてどこに唇を這わせようか。

ベッドの真ん中に寝ていたはずの女神様。
マッサージしている間に、悶えながらだんだん僕に身を寄せて、
気がついたらベッドの端まで動いてる。
僕はベッドから降りて床に立った。その方がマッサージしやすくなった。
でも僕は、相変わらず唇を這わせる場所を探してる。
右手の親指でクリトリスの皮を剥いたまま、中指と人差し指で優しくコロコロすると、
女神様が仰け反った。
今だ!見つけた!
アゴを突き出した女神様。首筋がピーンと伸び、鎖骨のカタチも際立った。
僕の唇が触れた場所、そこは鎖骨でもなく首筋でもなく、
アゴの下から喉の下の窪みにかけて。
そこの皮膚はとても柔らかく、もしかしたら薄いのかも。
首筋と同じぐらいソコへの愛撫を求める女神様も多い。

でもそこを長く愛撫するのは女神様の姿勢に無理をさせるから、
息を吹きかけながら唇を這わせ、すぐに女神様の唇へとゆっくり動き、
唇と唇を重ねた。

masxr11 masxr12

| シチュエーション | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。