femona 女神たちの快楽

女性のオーガズムの為に 女性のオナニーの為に 女性上位 クンニ画像 顔面騎乗画像 S女 M女 S男 M男 女王様 男性ヌード画像 男性のオナニー画像 女性の性玩具 舐め犬 舌舐め奉仕奴隷 バター犬 ダッチボーイ 聖水 FEMDOM Japanese facesitting Forced cunnilingus Woman fucked man

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そのキスの効果って……

16-06-20-01

 某企業のイメージ戦略を決める為のプレゼン。
競合他社が一斉に集った公開オリエンの場。
指定された会議室にスタッフ陣と足を踏み入れるとすぐに、
奥の壁辺りに陣取った競合相手のスタッフが、僕に手をふった。
「あっ」と思わず声を発してしまったのは、
かつて夜の世界でお世話になった人だったことと、
それよりも、彼がプレゼンに参加するのを知って、瞬時に尻込みをしてしまったからだ。
きっと今回も彼に負けてしまうのか。
手を振りながら浮かべる笑みも、不敵に見えて意気消沈させられた。

16-06-20-02 16-06-20-03

 彼は僕のことをライバルだなんて思ってはいないだろう。
事実、僕は彼の足元にも及ばない。
かつては、女性向け風俗店のオーナーとそこで働くデリバリーホストの関係。
respectやpraise、昼の仕事も夜の仕事も彼には尊敬するコトバの全てを送るほどだ。

 オリエンが終わると彼が歩み寄って来た。
「昼飯行ける?」
「俺も行きたいです」と快諾し、会議室を競合相手と一緒に出た。
こちらのスタッフも、あちらのスタッフも、僕ら二人を見る目がおかしな感じになっていたから、
彼はそれを察し、「昔から仲がいいんだよ」と周囲に説明をした。

16-06-20-04 16-06-20-05

 彼の車に乗って南へ10分。
低層階だが市内では老舗で格式のある深い藍色の壁が特徴的なホテル。
皇族が宿泊したり、大物政治家が首を吊ったこともあるホテルのレストランの低い椅子に二人は腰を下ろした。
「もう歳なんだから、プレゼンには参加しないでくださいよ」と嫌みを言うと、
「あと5年は現役でやらせてくれよ」とメニューに目をやった。
彼と会うのは久しぶりだったが、ラインでは週に一度はやりとりを忘れない。
その三日前にも、近況を伝え合っている際に、
「間違ってもデリホスに戻ろうなんて気をおこすなよ」と釘をさされ、
「今はその気持ちは全くありません」と伝えた。

16-06-20-06 16-06-20-07

「俺、来月から一か月間 旅に出るから」と彼がスープカレーを食べながら言った。
インドアを好むライフスタイルの彼は近距離の出張でも億劫がる。
夫婦旅行は楽しいふりをして奥さんに付き合うようだが、
愛人に誘われても、旅行は断固拒否をする。
そんな彼が自分から一カ月間もの長期の旅行を計画している。
近場の市町村から九州までを巡る一人旅。
訊けば、北から南まで滞在予定の地は10カ所にも及び、
北海道、東北、関東、近畿、四国、九州と日本周遊の旅だ。

16-06-20-08 16-06-20-09

何事にも精力的にこなす彼を知る者ならば、
「新しいビジネス展開ですか?各地に支店を置く為のリサーチですか?」
と訊くのは やぶさかではないが、彼の答えは「違うよ、仕事じゃない」
「旅行嫌いのはずなのに、どうしたんですか?」
その理由は意外なものだった。

「今まで俺のことを好きになってくれた女達に会いに行く」

「今まで?好きになってくれた人?」
スープカレーを口に運ぶスプーンを持つ手がつい止まる。
「初恋の人が埼玉にいる、童貞を捧げた人は大分にいる」
人参やじゃがいもを掬うスプーンが静止する。
「色々教えてくれた女性は香川にいる、俺と浮気していた人妻は京都にいる」
「向こうは会いたがってるんですか?」
「もう既に連絡済、みんなOKをもらってる」
「みんな結婚してるでしょ?良いんですかね」
「離婚して独りの人も2人いる」
「あのぉ……、セックスは……、しちゃうんですか?全員と」
「さぁどうだろう、状況次第だな」
「やらない方がいいですよね」

「うん、やる為に会うんじゃない、キスをしに行く」

「そっか、それなら俺も許します・笑」
「だろ?キスだけはさせてもらう・笑」

相手が、昔と変わっているとか、あの頃のまま、とかは、
まったく気にしていないようだ。
むしろ変わってくれていた方が、お互いの知らない時間を想えて、深いものになれると言った。
「肥っていてもいいんだよ、シワが増えていてもいいんだよ」と。

「でも、なんで会おうと思ったんですか?まさか癌とかじゃないですよね?余命いくばく……とか、え?まさか……」
「違うよ、そんな秋元康の小説みたいなことはしないよ。いたって健康、勃起力もバリバリ・笑」
「あぁ、良かった。あぁあの『象の背中』ですか、あれ、あんまり面白くなかったなぁ」

「一人ね、会おうか会うまいか迷ってる人がいるんだ。
ずっと俺の事を好きでいてくれたのを分ってたんだけど、俺、ずっと知らないふりしちゃってさぁ」
「その人には会わない方が良いと思いますけど、今更って気がしますけど、会ったらひやかしになりますよ」
「そうだよな、やっぱりやめとくか」
「そうです、身勝手な男に成り下がります」
「罪なことはしたくないよな」

彼はとても良い歳のとり方をしている。
50代半ばになっても魅力があり、20代30代の女性に「抱いてください」と言わせるほどだ。
彼にかつて恋した女性達が、どれだけ変わっていても気にしないという彼の気持ちは物凄くわかる。
真実を、女性の生き様を知りたい気持ちは、僕と同じで、というよりその思い方は彼に教わったものだ。
でも、自分が思う理想の歳のとり方ができていない女性の、見せたくないという気持ちもあるはずで、
想い出は美しいままに、そっとしておいて欲しい気持ちもあるはずだ。
彼はそんな女性の迷いを打消し、納得させ、それぞれに縁のあるプレゼントを持って会いに行く。

16-06-20-10 16-06-20-11

かつての女性達と彼が交わす何十年ぶりのキスはどんなキス?
その部屋はどんな空気に包まれる?
街角でのキスだった場合には、どんな風が頬をかすめる?
そのキスは、二人の想い出を上書きさせてしまうの?
その後に、何も始まらないのに。
照れくさいはずのそのキスには、
その後の女性達にどんな影響があるの?
それってふんわりとした優しい効果をもたらすの?

温かくなるの?
ねぇ、
心のどこかが、ポッとするの?
……だから頑張ろう、とかさ
……今までの人生、これで良かったんだ、とかさ。


◆今、記事を書きながら聴いている曲
今週のBillboard、59位。
良い曲です。
EDMやHipHop全盛の中、ほっとする曲。
70年代西海岸の香りがする。

Dan + Shay - From The Ground Up

| クンニ | 13:46 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

二人だけの時間に、他の男にメールしちゃダメなんだよ!

16-05-12-01

僕が女神様と会っている時に嫌に感じたことってあったかな?
お金を床に投げ捨てるようにして払った女性。
あれはちょっと無いなぁ。
なんで女性から男性にお金を払わなきゃいけないのよっ!という気持ちなのか、
S女とM男の関係からそうさせたのか、僕に粗相があったのか、等々様々な見解はあるけど、
お金を投げ捨てるという行為が許せなかった。

16-05-12-02 16-05-12-03

あっそうそう、
僕と一緒にいるのに、
他の男にメールや電話をされるのはやはり面白くはなかった。

こんな男の子だよ、こんな事をしているよ。
とにかく嫌だったなぁ。
その相手が女性なら許せたんだけどね。
初めて会った僕らでも、割り切りすぎている関係でも、
電話やメールとはいえ、そこに他の男が入ってくるのは、ムカっとした。
僕が居なくなってからなら、いくらでもOKなんだけど。

「こんな事してくれて気持ち良かったから、あんたも今度やってよ」なら嬉しい。
二人でいる時間は、二人だけのものにしたかった。
とにかくプレイ時間内の電話とメールは嫌いだった。


16-05-12-04 16-05-12-05

今日の画像は立ちクンニ。
画像を探してみると、やはり片足を上げてるのが多い。
舐めやすくなるもんね。
片足の置き場所は、椅子、壁に突っ張る、机・・・。
置き場所が無い時は、男性の肩に置いちゃうか、肩に脚を回しちゃいましょう。
よりダイタンになりますね。

16-05-12-06 16-05-12-07

やはり立ちクンニは角度的に舐めずらい。
舌を動かすにもぎこちなくなって、おそらく女性もはがゆいはず。
だから僕は、舌を伸ばしたまま、受け皿のようにソコに当てて、
舌を動かすのではなく、首から上を前後に動かして擦り舐めした。

16-05-12-08 16-05-12-09

16-05-12-10 16-05-12-11

それでも舐めずらく、女性の反応があまり変わらない時は、
股間に潜り、垂直舐めをした。

16-05-12-12

◆今日聴いた曲
Shania Twain - Up!
僕の町は風が強かったり、小雨が降ったり。
春の青空が見たいのになぁ、と表情まで曇った朝。
昼過ぎからは晴れて、空も青くなって気分が上がってきたので、
この曲を聴きました。
僕が中学3年生の時によく聴いていた曲。懐かしい。

| クンニ | 14:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

無言――お互いの想像と創造

※画像は まんぐり返し
 同じような画像になっちゃったね。
16-05-02-01

受付への問い合わせや予約のメールは、
デリホスをやっていた僕達の稼働回数の3倍ぐらいは届いていたはずだ。
まず2~3日後、或は1週間後の予約をする人。
計画を立ててその時に臨む女性は、それに至るまでの間も、
願望を集めては膨らませ、行き過ぎると削ぎ落とし、待ち時間も楽しんでいたように思う。
それに対し「今日はどんな人がいるの?」という問い合わせ。
その日じゅうに溜まった性欲を解消させたい女性達もいた。
お目当ての男性の空き時間に繰り合わせるのは、
場所の確保や突発的な用事などでとても手間がかかる。
独り暮らしの女性なら、家に呼べばいつでもOKなんだろうけど、
お目当ての男性が訪れる時間がよめない場合は「じゃあまた今度にします」となる。
「今すぐ来れるのはどんな男?」となる場合が多いと聞いた。
言い換えれば「今すぐヤリたいんだけど」ということ。
2時間も待てないのは、専業主婦が多いとも聞いた。
おそらくは夕食の準備があったのだろう。

16-05-02-02 16-05-02-03

過去記事にした、ある女神様との会い方には
いつもの記事よりも多くのメールをいただいた。
彼女は独り暮らしで「今日じゅうに来てくれれば良いよ」というオーダーの仕方。
それでもいつも2時間以内には着いていて、午前2時を過ぎないように心がけていたから、
女性の「いまスグやりたいんだけど」を叶えられる許容範囲内だったはず。
幾回か会話と体を重ねたある日、突然 独り暮らしの彼女から部屋の合鍵を渡された。
その女神様の名前は理沙(仮)。
「チャイムは押さないでね、勝手に入って来ていいから、もしも寝ていたら起こしてね」
女神様は僕を待つ時間も楽しんでいたようで、
物音をたてないように気を遣いながら、到着後に指を洗面所で洗ってから、
そこに触れるといつも濡れていて、
密壺に指を当てるだけでスルッと誘われるように第一関節まで引きずり込まれる気がした。
待っている2時間に指で悪戯していたのか、寸止めを繰り返していたのか、
ベッドの枕元上部の段差棚にはコードが無造作に伸ばされたままのローターがあった日もあり、
僕と女神様は「私は今までローターで感じていましたよ」を何の躊躇いもなく見せあえる仲だった。

16-05-02-04 16-05-02-05

稀に実際に眠っている時もあったけど、殆どは起きていた。
起きていたけど、いつもソコは乾いてはいない。
毎回眠ったふりをしている女神様に、僕もわざとらしく気づかないふりをして、
とってつけたような摺り足でこっそりと添い寝キスから始めたり、布団に潜り込んだり、
時にはペニスを女神様の顔に当てて起こす悪戯もした。
冬は布団に包まって寝息をアピールさせていたけど、潜り込むと全裸だったり下着のみだったり。
夏はタオルケットが関節照明の陰影により女神様のボディラインのうねりを強調させていたりしたけど、
カラダの見せ方は毎回違った。
彼女が、今日はこんなかんじでやりたいと思うことを、その日のカラダの魅せ方で理解した。
理沙さんはMもSも両方いけたけど、比率でいうとM性が上回っていた。
薄暗い寝室の扉を開けるとベッドの上、全裸でM字大開脚のまま寝息をたてていたり、
全裸でお尻を突き出していたり。
その時の僕の攻め方を理解するのは簡単そうに思えて実は難しい。
全裸M字大開脚の理沙さんが、M女の気分なら「乱暴めに、カラダじゅうを貪って」になるし、
S女ムードになっていれば「さぁマ○コを舐めて満足させなさい」となる。

16-05-02-06 16-05-02-07

その日、玄関ドアに合鍵を挿し、回す時にも音を立てない様にゆっくりと開錠させドアを開けると、
短い廊下の正面にあるリビングのドアに施されたセンター部に上下細長く埋められた摺ガラスが、
煌々と照っていた。
今日は起きているのかな?と思いながらも静かにリビングのドアを押すと、
服を着たままの理沙さんがソファーに横たわっていた。
ストッキングに包まれた右足は膝を立てソファーの上へ、左足はやや内また気味で床に置かれていた。
クッションを枕代わりに、ドアと反対方向に顔を向け、髪は乱れて左の頬を隠していた。
軽い外出着とも思われる服装は、薄手のブラウスにフリルスカートで、
太ももを露わにさせていた。
寝たふりをする理沙さんが言っている「今日はこういうイメージなの」。
ふふふ、実に解り易い――、何様を気取ってみても様にはなっていない僕だったけど、
理沙さんのイメージをしかと心得た。
キッチンで手を洗った。水を吐き出す蛇口からの音は気にしない。
閉める時の音はむしろいつもよりも大きめだ。
ジャケットを脱いでネクタイもほどいて、大雑把な所作一つ一つにそこそこの音を伴なわせた。
スーツのズボンはベルトを外し、バックルをカチャカチャと鳴らした。

それでも気づかないふり、寝たふりをする理沙さん。
テーブルに置かれた少し飲み残された缶ビールを持ち上げてはカチャンとテーブルに置く。
まだやらない、まだいかないから、と無言の制圧。
理沙さんはこの状態を楽しんでくれているかな?
この間にもじんわりと密が漏れ、パンティを濡らしてくれているかな?
双方無言のせめぎ合い。仕掛けるタイミングがけっこう難しかった。
もーっ、早くしてよっ!としびれを切らせてしまうと喜劇になってしまう。
そろそろだな。ほどいたネクタイを握ると、理沙さんの両手を持ち上げ縛る。
頭上に手枷が出来上がった。
そしていよいよソファーに伸し掛かると、乱暴にカラダをまさぐった。
胸は鷲掴みにしたっけ、股間に伸ばした手はパンストも脱がせないまま、
パンティの中に手を突っ込んでいきなり指を入れたっけ。
思った以上にグチョグチョに濡れてたはず。
体を変えて、理沙さんの上半身を跨ぐと、パンツの穴から勃起したチ○コを出して、
少々イラマチオ気味に口の中に突っ込んだっけ。

いつも以上にカラダを動かす理沙さんは、もうすっかり女優なみに入り込んでた。
声が高くなったから口を手で押さえて、手マンしてた。
僕の手にヨダレがついた。理沙さんの口の周りのヨダレを舐めあげるようにキスをして、
ヨダレになる前の唾液をチュウチュウと吸い取りながら手マンした。
あの夜はM男のはずの僕がS男になりきれた。
ソファーから御姫様だっこをしてテーブルとテレビの間の空きスペースに移動。
床に降ろした理沙さんの頭の下に、僕のスーツジャケットの裏側を敷いた。
「気にしないでいいから、スーツの裏地にヨダレ垂らしてごらんよ
それを着て明日仕事するから・笑」。
それを聞いた理沙さんは両手を縛られたまま目をトロンとさせ、
どこも触っていないのに「ああーん」と悶えて、裏地に左頬をあずけたっけ。
ここまで来たらあれこれやっちゃおう。
こんな理沙さん初めてだから。
滅多にやらないパンスト破り。ビリビリと裂ける音に萌えてくれるかな?
僕のバッグには弁償用のサブリナが常備されていたから気にすることはない。

さぁ まんぐり返し。
濡れすぎてわけわからい音がしてた。
「そういえば 明るいとこでやったこと無かったよね、しっかり見てよ」
まんぐり返しでチ○コも勢いで入れて見せつけた。
やっぱりスーツの裏地にはヨダレ滲みができていた。
サテン系のツルツル生地は濡れると目立つ。
正常位で1度果ててくれた後、ピクピクと痙攣していた。
いつもは会話をする時間だけど、その時は無言をキメた。
ブラウスがはだけて露わになった肌にゆっくりと軽く指で触れ、サワサワさせていた。
因みにそれを僕の中では羽指と呼んでいる・笑。
あの夜の理沙さんは、全ての行為に没頭して興奮してくれた。
逃げては追いかけ、逃げては追いかけ、リビングの空きスペースをフル利用した。
2度目のオーガズムに誘う為、クンニを始めた。
毎日生活している部屋。フローリング上から仰ぎ見るいつもと違うアングルに、
理沙さんは何を感じたのかな?
クンニに腰をねじる。ネクタイの手枷は外してあげていた。
動きまくった末、自然の流れでバックからのクンニになっていて、
四つん這いで尻を突き出していた。
そのままバックから挿入して2回めのオーガズムを迎えてくれた。

床でぐったりして仰向けになっていた理沙さん。
ブラウスがはだけ、パンストは破り裂かれ、
まるでレ○プされた直後みたいだった。
股間をウェットティッシュで拭いてあげて、パンストを脱がせ、体じゅうの汗もタオルで拭いてあげた後、
御姫様だっこでベッドに移した。
理沙さんのイメージ通りの時間にできたかな?
今日はこれでお終い。
ベッドの上の理沙さんはスヤスヤと、それは本当の寝息。
唇へのキスは睡眠の邪魔になるから、頬にキスをした。
僕はリビングで服を着て、再び音をたてないようにして家を出た。
外から鍵をかけることだけは忘れずに。
結局、理沙さんとは一言も会話をせず、ただ悶え、ずっと喘いでいた。

16-05-02-08 16-05-02-09

あの夜の理沙さんとの時間は、会話が無くとも、僕の幾度の稼働の中でもベスト10に入る。
昨日の記事で女性向けの風俗店に触れたけど、
あの夜のイメージを届けたい、もしくは味わって欲しいといつも思う。
合鍵なんて無理だし、相手が抱くプレイイメージを把握するのも難しい。
あの夜には、お互いの想像と創造があった。

| クンニ | 15:16 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

50回目のファースト・キス

16-04-03-00

 恋愛経験が未熟すぎる僕だから、結婚を考える術も知らない。
読者の方々が、涼汰の彼女は色んな物を抱えて辛いだろうなぁ、と
お思いになられていると思いますが、
実際、その通りです。

16-04-03-02 16-04-03-03

“過去”を語って生じた問題を胸の内に抱えながらの交際は、
自ずと“未来”よりも“今”を生きようという結論になっても、誰も彼女を責められない。
僕はそれで充分だし、彼女の今をより良いものにしてあげたいと努める。
僕の経験が過ちだったとは思わないけど、一般論で語られれば圧倒的に僕は不利で責められる。
だから秘密として、蓋をしたりチャックをしたり。
僕が彼女に明かした秘密は、彼女の中でしこりとなり、ずーーーっと継続される記憶。
スパイラルワールドがあれば、都合の良い世界を選択して、その時その時を生きたい。
そして、記憶を都合良く消したり復活させたりできれば、どんなに楽だろうとも思う。

16-04-03-04 16-04-03-05

 入院中、暇すぎてiPadでWOWWOW観てます。
僕はB級映画が好きで、コメディアンが出演する映画も好き。
アダム・サンドラーのセリフにいちいち笑える僕です。
彼が出る映画をB級と言うのは賛否がありますが、
僕は敬意を表しながらB級だと思っています。
今週、彼の映画を2作観ました。2作とも助演女優はドリュー・バリモアで、
「子連れじゃダメかしら?」と「50回目のファースト・キス」。
2作とも面白かったけど「50回目のファースト・キス」で泣けてしまった。
ベースはコメディだから泣ける映画ではないはずなんだけどなぁ。
短期記憶喪失障害の女性は眠ってしまうと記憶は強制削除され、
男と出会う前の記憶に戻ってしまう。
前日の夜に恋人同士として激しく愛し合っても、朝が来ると見ず知らずの男になってしまう。
だから彼女を愛する男は、毎朝二人の関係を説明し、、
毎日毎日、何度も何度も、彼女に恋をさせるんです。
恋して、結婚して、やがて心が薄れ、我慢する人、離婚する人。
勿論、生涯愛し続ける夫婦もいて、それが理想なんだと思うけど、
毎日毎日、同じ相手に新鮮な恋をしながらの結婚生活は、
たまに、彼女の記憶を消せたら良いのにと思う時がある僕だから、
すっかり映画の世界に入り込んでしまいました。

16-04-03-07 16-04-03-06

これ、実話がベースになっています。
毎日、恋をする女性。
毎日、恋をさせる男性。
僕にはできないだろうな。

今日は外泊です。彼女とディナー行ってきます。
やっぱり、焼き肉かお寿司が食べたいなぁ。

Lukas Graham - 7 Years
今日の曲はこの曲
“記憶”という意味で。

今週のBillboard 2位まで来ました。

| クンニ | 15:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

只今交際中です

16-02-08-01

 応援コメントありがとうございます。

 全てを打ち明け交際中、と申し上げておきますが、
俺、なんでいちいちブログで報告しているんだろ。
前回の記事を読み返してみて思わず赤面。
なにあの記事、まるで中坊じゃん。恥ずかしいわ。

彼女がいながら、こんなブログを更新しちゃってる俺って何?
と自問自答しつつ、久々の更新なり。

16-02-08-02 16-02-08-03

 近所ではね、けっこう有名なお祭りが開催中なんです。
それに向けて僕の仕事もずっと忙しかったわけですが、
なにせ歴史ある超ビッグイベントで、外国人がやたら目につきます。
今年は中国の春節と重なったことで、いつにも増して中国人が多い。
人混みが絶えない通路の両サイドの雪壁には、二か所もレモンシロップが垂れていた。
毎年そこを歩いているけど、あんなの見たの初めてで、
固められたフラッペにレモンシロップをかけた人の国籍はおそらく・・・。

16-02-08-04 16-02-08-05

 2016年、もう一か月が過ぎてしまったけど、
今年の僕の抱負はものすごくシンプルで「仕事も遊びも 男らしく」
1月を振り返ってみると、うんうん、今のところは逸れてない。
彼女と遊んだり、バンドを再開したり、
いいぞいいぞ、このままこのまま。

16-02-08-06 16-02-08-07

 もうじき楽しみなグラミー。
いつものように洋楽動画を載せようかと思ったけど、
この人がようやく脚光を浴びたので、是非聴いてほしくてさ。
住友生命のCMソングになったから、きっと耳におぼえがあるはずです。
竹原ピストルさん、野狐禅の頃からずっと好き。
詩がまっすぐ入って来すぎて困るけど、
日本人を代表して世界の人に聴いて欲しい数少ないアーティスト。
僕が女性なら、きっとこの人に抱かれたいと思うはず。
仕事から帰るやシャワーも浴びず、ちょっとだけ乱暴めに胸なんかむしゃぶりつかれてね。
多少汗臭くても良い時ってあるっしょ?ない?あるよね。あるって言って。
実直で不器用で無骨だけど、人との話し方や接し方はへりくだり、側から見てても微笑ましい。
とにかく働く男、二か月後の多額の出費も「俺に任せとけ!」って。
「え?だってお給料決まってるし足りないよ、私少しだけどバイトしようかな?」
「おまえは家に居ろ!俺が夜に現場に出るから!」。
地力があるっていうか、ハンパなく頼りがいがあって生活力あり。
強面だけどとても優しい男。
そんな男が、貴女に気も心も許し、男の本能むき出しで愛撫しまくるんです。
ヒゲがザラザラと痛かったりするかもなぁ、鼻息が妙に熱いのは許してあげて。
貴女で感じたい、貴女で果てたいんです。

竹原ピストルさんが大好きです。
2016年は僕の中に竹原ピストルを
とりあえず10%でいいからチャージしたい。

竹原ピストル/よー、そこの若いの

| クンニ | 13:10 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。