femona 女神たちの快楽

女性のオーガズムの為に 女性のオナニーの為に 女性上位 クンニ画像 顔面騎乗画像 S女 M女 S男 M男 女王様 男性ヌード画像 男性のオナニー画像 女性の性玩具 舐め犬 舌舐め奉仕奴隷 バター犬 ダッチボーイ 聖水 FEMDOM Japanese facesitting Forced cunnilingus Woman fucked man

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クンニペット・ター君のこと

taakku01

女性達には、風俗を利用しているという感覚は無く、
特別な男性からクンニされるという意識も無い。
ただ快楽を得ようと其処へ行き、
思いのままに感じ、オーガスムスに達し、帰ってゆく。
その男女の関係に“愛”は無い。


リビングで気の合った同性の仲間達と雑談し、
有名店のスウィーツと紅茶を味わい、
興味深いアダルトDVDを観ては、女性達だけで盛り上がる。
それは女子会と呼べるものなのかどうかは わからないが、
決して男性には聞かせるべきことではないような話題だ。
淑女の印象を維持させている日常と うって変って、
其処に集う全ての女性が、日常とは全く別の側面をさらけ出している。
其処はいつも和やかだと聞いた。

アダルトDVDを観ては、
「この男の攻め方、うちの旦那にも見せてあげたいわ」と言うものの、
すでに夫婦間の交渉は無く、たとえ突然夫から求めて来られても断ってしまう。

アダルトDVDや、あまり女性間では語られない性体験の話題に盛り上がると、
其処にいる女性達の下着は次第にしっとりと湿ってくる。
「じゃあ私、あっちの部屋に行ってくるね」。
30代のミセスが席を立ち、向かった部屋には男がいる。
ドアがノックされると男は客人を迎え、
ふかふかのソファーへ導くと素早く衣服の全てを脱いだ。

taakku02 taakku03

サービス前の会話はあまり無いと聞いた。
ミセスの脚を丁寧にマッサージし終えると、2人はベッドに移動し、
今度は全身へのマッサージが施される。
アロマオイルを使う人、匂いが残るのを嫌い、ベビーローションで済ませる人と様々なようだが、
ミセスの全身からは だんだん力が抜けてゆく。

ミセスは仰向けになると肩や腰から意識的に力を抜く。
それはこの部屋で時間を過ごす女性達のルールにも似た習慣だ。
男は全身への愛撫を始める。
キスをしても良いか悪いかはサインで確認される。
男がミセスの唇に人差し指で軽く触れると、唇が指を迎え入れた。
それがキスOKのサイン。
唇が開かなければ、キスは不要ということだ。

taakku04 taakku05

男はキスをして、上半身を丁寧に丁寧に愛撫する。
胸に触れ、胸を揉む際には、パウダーを使うこともある。
オイルやローションの滑り具合よりも、
やさしくなめらかにサラサラと滑る男の手指の感触を
感じることができるパウダーを好む女性もいる。


強弱をつけて上半身をたっぷりと愛撫した後は、
まっすぐ舌が降下して、ようやく蜜壷に辿り着いた。
焦ってクリトリスを剥いたりはせず、全体を柔かく舌で覆うように舐め始める。
彼はクリトリスの舐め方は10通りあると言う。
過去に彼と2人で昼食をとったレストランでその方法を訊いた事があり、
僕は話しの全てをノートに書き込んだ。

taakku06 taakku07

クンニの時間は決まっていない。
ミセスが満足するまで行われる。
果てそうになって腰を引く動作をする女性は其処にはいないようで、
腰が引けるであろうタイミングも、1度果てておこうかという高まり具合も、
男は手に取るようにわかっているから、強弱の妙で、
女性は何の要望も発しないまま快楽へと導かれる。

バックから舐められたければ無言のままお尻を突き出せば良い。
普段、顔面騎乗を流れの一部としてこなしている女性達も、
この部屋ではそれをしない。
自然さが極まったリラックスしきった状態でクンニを受ける。
途中で挿入したくなった場合にも言葉は要らない。
それを求めるサインも決まっている。

taakku08 taakku09

ここに来る女性達は皆、その男を可愛がる。
背丈が小さく華奢な男で、年齢のわりには若く見える童顔だが年齢は30歳を超えている。
身体を重ねる殆どの女性よりも背が小さい。
男性としての魅力は、スーツを着て街を歩いてもそれほどあるとは思えない。
でも女性達は、どんな男との時間よりも気持ち良いと皆口を揃える。
確かにモノは大きいしカタチも良い。残念ながら僕よりも大きい。
でも彼を誉める女性達の尺度はそういうものではなく、
自分の身体を もしかしたら一番わかってくれているのではないだろうか、ということだ。
そこに行ってベッドに寝れば必ずオーガスムスを味わえる。
そんな場所が実際にあるのだ。

taakku10 taakku11



ねぇねぇ、そんな所に行ってみたい?
その部屋を開放して、友人女性達を招き入れる2人の女性は、
お金なんてとらない。お金をとったら無認可の違法風俗になっちゃうでしょ?
其処は あくまで毎日がパーティ会場、知り合い同士のサークルのノリなんです。
あの2人とも企業や商店の経営者で、顧客サービスのひとつと考えたのが
始まりなのかもしれないけど、そうしてしまうとまた規制が多くなるから、
今では仲良しサークルみたいになってて、風俗特有の重苦しい雰囲気は無いよ。
あの2人がそんなサークルを作れたんだから、皆さんも作れるはず。
やってみたらどうですか?笑
ちょっと非現実的な話だけど、こうして楽しんでいる女性達がいるんですから。

| 舐め犬 | 04:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ター君のこと-03

kkooyyy01

朝一、ター君とスタバに行きました。
いろいろ話しをしました。
いつも話しをしているだけでドキドキさせられる。

実際に女性の性的玩具として複数女性に飼われている男性なんて他に知らないし、
そんな話は、M男性の妄想の中の棲み者でしょ?
そんな人物から、リアルな日常を聞けるんです。
ここのところ連日、S女様に攻められていてM男の欲求が満たされ、
M男妄想レベルもオフになっている僕でも、
ター君の話しが始まるとオンになっちゃいます。

ター君のことを文章にまとめようと何度も思いましたが、
このブログを見ている女性のほとんどはM女性だと思うので、
ウケがあまり良くないのかも……
いや、まったくウケないはず、と思い書かずにいます。

でももしも、心底から女性に尽くしたい男と、
男性をあくまで性の道具として扱っている女性の生活を知りたい女性がいるのなら、
書いてみようかとも思っています。
知りたい、読みたい、他人事として興味がある女性がおられましたら、
メールなり、メッセなり、コメントなり、お寄せください。

メール→femona@mail.goo.ne.jp

kkooyyy02 kkooyyy03

| 舐め犬 | 03:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Faithful Man-優子の場合-02

jasssa01

私はこの3連休に何をしようかと考えていた。
何の計画も立てずに迎えれば、パジャマのままダラダラとTVを観て、
ネットで流行りの服やコスメの情報を漁り、連休中日にはTSUTAYAで新作DVDを借り、
3日めには、疲れない範囲で掃除洗濯をし、気がつけばあっというまに連休が終わっているに違いない。
流行りの情報や話題の映画に触れるのは、自分の為というよりも世間話しについていき、
上手に人づきあいしていく為には不可欠なこと。
考えてみればつまらないなぁ、自分の為になっているような気がしない。
さてマジで3連休をどうしよう……、そう思っている時に、その男のことが脳裏に宿った。

私は、あと少しで30歳になろうとしているのに、
男性との肉体交渉中のオルガスムスを知らない。
何人もの男がこのカラダを弄んだが、クンニでも挿入でも、誰一人、その扉を開けてはくれなかった。
性欲旺盛な私は、ほぼ毎日の電マによる自慰では簡単にオルガスムスを味わえる。
それは中学の頃からの習慣だ。

とにかく男性からオルガスムスを与えられたい。
いきなり挿入で、とは言わない。クンニでのそれをまず経験したい。
よし、この3連休に私はその悩みを解消してみよう。
流行りの情報収集よりも、自分の為、まずその悩みを解消する3日間にしようと考えた。

今、その男は全裸のままで、私のカラダをマッサージしている。
3人の女性の性欲処理用に飼われているというその男とは昨日初めて会った。
こんな男が世の中に居たのか、と驚かされたが、わり切って考えれば女性にとってこんな都合の良い男はいない。
時にクンニ専用の舐め犬、時に挿入専用の性玩になるのだ。
退屈な休日、気がつくと自慰ばかりしてしまっている私にとっては格好の男だ。
そしてこの男は数種類のマッサージができ、指圧の資格まで持っているというし、
炊事、掃除、洗濯までやってくれる。
決して公言はできないが、誰にもばれないのなら、性的に使用せずとも本格的なマッサージと
掃除・洗濯用として使用する女性は多いのではないかと思う。
ましてや無料で3日間ときているのだから。

初日。10年間 男にイカされたことの無い私を この男はいとも簡単にクンニでイカせた。
それは電マの数倍気持ちの良いもの、とは言えなかったが、電マを少しだけ上回る快感だった。
肉体を襲う刺激よりも、玩具のような男とはいえ、異性にイカされたという精神的な快感は実に素晴らしいものだった。
性欲旺盛な私は回復も早く貪欲だ。こんな私が1度で満足するはずが無い。
2度、3度、クンニを求め、その都度、期待どおりにオルガスムスへと誘ってくれた。
2日めは挿入でイク日。生理前ということと、全裸の男が横に寝ているということで、
私は朝からAKBじゃないけれど、まさにマックスハイテンションだった。
まだ眠っている男の顔に跨り、ソコを押しつけると自分のペースで腰を振った。
夢中で舐め始める男を眼下にし、手を伸ばしペニスを握り、手コキで大きくさせた。
「明日は挿入でイキたい」と昨夜男に言っていた。
私は身体を反転させると、男は昨日同様に耳から舐め始めたが、それを制止し、
無言のまま男の顔を胸へと運んだ。
両胸を丁寧にイヤらしく舐め、全身を充分すぎるほど舐め尽くすと、男はコンドームを装着し挿入の準備をした。
すぐには挿れない。ペニスの先端で蜜壷一帯を擦りながら刺激を与えている。
まるで溢れでる愛蜜をまんべんなく塗り均しているかのようだ。
ペニスから離された手は勃起して尖った乳首を擦りだし、乳房を掴みながら指間に乳首を挟んだりもした。
その間も支えを失ったペニスは、壷の下から筋に沿ってゆっくり上がり、
壷を通過する時はヌルッと亀頭だけが挿って来ては、ヌルッと抜かれ、また上へ移動し、
クリトリスの通過の際は5回ほど亀頭の更に先端で突っつかれる。
そしてまた下へ移動し、先端挿入から筋に沿って下がっていく。それの繰り返し。
胸から発信されたザワザワ感が次第に拡がり、股間から発せられるザワザワ感に吸収されると、やがて全身を包んだ。
これは電マ自慰では経験できない気持ち良さ。
「それ気持ちいい、それ続けて」と言うと、男はマシーンのように同じ動きを繰り返した。

10分ほど、その行為を続けただろうか。
今突かれたらイケるかもしれない、「奥まで挿れて」と私は伝えた。

なんてスムーズな挿入の仕方。今までの男とは比べものにならない優しい挿入だった。
この男の挿入運動自体、他の男とは違っていた。
ただトンネルに沿って出し入れされるそれまでの男達のそれとは異なり、
この男のペニスはトンネルの上部、Gスポットといわれる部分を擦りながら入って来ては奥を突き、
またGスポットを擦りながら下がっていく。
挿入しながら、片方の手でクリトリスを弄ぶように触っている。
もう片方の手で左の胸を揉みながら乳首を触り、
右の胸をペロペロとまるで犬のように乳首を舐めている。
男の身体の重さは感じない。どこに支点を置いて身体を安定させているのか見当もつかなかった。

その連続運動3分ほどで私はいつでもイケそうな状態になった。とにかく気持ちの良いセックスだった。
「ダメ、イキそう、ちょっとずらして」と思わず言った。
もったいなかった。その気持ち良さを維持させたかった。
それまで私の言葉全てに従っていた男は、命令に背き、気持ち良すぎる挿入を続けた。
「ダメ、イキそうだから、焦らして」。
二度目の命令も男は無視し、挿入を続け、私の耳元で囁いた。
「ここは1度イッておきましょう、ここで1度イケれば、あとは何度でもイケるようになりますから」。
私はそれに無言で従った、その合図を夢中で乳首を舐める男の顔と身体全体をきつく抱きしめた。
私はまもなくオルガスムスを迎えた。
なんて気持ちの良いセックス。これが他の女性が経験していたセックスでのオルガスムスというもの。
コンプレックスから解放された瞬間だった。
この男に「ありがとう」と御礼を言いたいが、なんだか照れくさくて言えなかった。

今、男は相変わらず全裸のままで、私のカラダにアロマオイルでマッサージをしている。
シャワーを浴び、オイルを落とした後、もう一度気持ちの良いセックスをするつもりだ。
その前に、面倒だけど、御礼のフェラでもしてあげようか。

jasssa02 jasssa03

| 舐め犬 | 03:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Faithful Man-優子の場合

taxon01

彼氏とは2ヵ月前に別れた。
別れの日となった前日には、物足りなかったけれど1時間ほど愛し合った。
彼は自分勝手に10分間挿入し、
あとの50分は全身を舐めさせ、力無いモノを咥えさせた。
その最中に嫌気がさした。
彼とつきあって1年、BARでナンパされたことがきっかけで、
アラサーの私は将来を夢見たわけではないけれど、
仕事のストレスを一瞬忘れさせてくれた彼に心を許した。
彼に対する不満を言えばキリが無かったけれど、私はそれを口にしなかった。
でも彼は私への不満をことごとく口にした。
終止符を打とうか悩みだしてからは、彼との会話にもストレスを感じ出していた。
そんな心持ちで身体を重ねても満足できるはずがない。
心と身体は別なものだと、それまでの経験で解っていたけれど、
私のことを少しも考えず、会う度に自分勝手な行為をさせられては、
果てようと思える隙間すら見つけられないまま1年が過ぎた。

私は生身での交渉で果てたことが無い。
挿入はもちろん、指やクンニでも天辺を知らないままアラサーを迎えた。

自慰は2日に1度、寝る前に電マで刺激し果てていたが、
やっぱり不器用でも男の指に触られたい。
果てることが無くても男の舌で高ぶり、最後には挿入で燃えあがりたい。
果てることなくても、ある程度上昇した一定のところで維持させてくれれば満足できる。

この2ヵ月は電マの毎日。
そろそろ生身の男の身体に触れ、触れられたいと思いだした3日前。
私は取引先の女性社長と飲んでいる時に、ある男の話しを聞かされ、
その男に興味を持った。

男は2時間前に私の家のチャイムを押し、私は家着のまま迎え入れた。
小柄で華奢に見えるが、全裸になるとなかなかの筋肉質。
私と同い年、丸坊主で童顔の男は聞いていた年齢よりもはるかに下に見えた。

男は部屋に入るなり服を脱ぎ出すと、
「僕に優子さんの身体を洗わせてください」と言った。
私は躊躇なく男に身体を洗わせた。
「今日から3日間、なんでもしますから、宜しくお願いします」。
男は手に泡をたくさん乗せ、私の胸を丁寧に洗いながらそう言った。
「僕は裸で部屋にいます。3日間はどこにも行きません。
優子さんがマッサージして欲しくなったら全裸でうつ伏せに寝てください。
何も言わなくていいです、うつ伏せがサインです。
ソファーでもベッドでも、カーペットの上でもかまいません、お好きな場所で。
そして優子さんがHしたくなったら、その時は全裸になって仰向けで寝てください。
何も言わなくていいですから。
そのサインを見たら僕は優子さんの身体を舐め始めますから」。
男は足を丁寧に優しく洗いながら、そう説明した。

男は洗面所で手を洗っているようだ。
私は今、全裸のまま、ベッドで仰向けに寝ている。

taxon02 taxon03

| 舐め犬 | 02:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

舐め犬・ター君のこと-02

faddek01

faddek02 faddek03

6時、会社終業後、リアルバター犬・ター君と居酒屋へ。
今 帰りました。
いつ予約が入るかわからなかったので、ビールを1杯だけ飲んだ。
ター君の話しは実に興味深かった。
なんだろう、女性主3人とター君の間で結ばれているものが、
愛であるはずはないけれど、何かそれに近いような、
信用とか信頼があった。
主従関係とはそういうものなのかなぁ、なんて感じた。
今は“モノ”になりたいター君。
3人はそれを理解して彼をモノとして扱う。
そして3人の知り合いの女性達にもどんどん積極的に貸し出される。
それはター君の本意を知っているからのこと。
3人から彼を紹介された知人達は性玩として使う女性もいれば、
掃除洗濯とマッサージ用に借りる女性もいる。
遠くに出かける時の送迎要員としても借りる女性もいるようだけど、
ほとんどは性玩として使用する。

ター君のテクニックは素晴らしく巧みだ。
本人は否定していたけど、
ター君に身体を触れられた全ての女性が、彼のテクを絶賛する。
受付スタッフの2人の女性も、僕が会った女神様達も、
「今までで1番」と口を揃える。

尊敬する。
そんなことで尊敬するなよ、と言われがち。
だけど男性の人、考えてみてよ。
経験した全ての女性が1番って言うんだよ。
忘れられないぐらい、身体に覚えさせてるんだよ。
それって尊敬してもいいよね。

過去に「女は愛が無ければ感じないよ」とは何度も誰からも聞いた。
それに疑問を持ったのは高校の時。
女子寮の住人達は愛がなくても充分に感じてた。

まだ26歳の彼に「将来どうするの?」と訊いてみた。
「今は修行の時、30歳になったら女性に尽くせる仕事に就きたい」と答えた。
「それって女性用風俗に復帰するってこと?」と訊くと、
「違うよ。きっと女性が必要としてる新しい女性用ビジネスがあるはずなんだ」。
そう語った時のター君の中に、疑いの無い“男らしさ”を見た。

実は、僕もタクトも漠然とだけどそう考えていて、
2人で飲むといつも女性用ビジネスの話になる。
まだまだ知識不足だから、女性用風俗のカテゴリーでしか考えられない。
ター君は言う「それが一番難しいよ、おそらくそこの扉はまだまだ開かない。他に何かあるはずだよ」と。
「ファッション?ビューティ?」と安易に訊いた。
「誰も手をつけていない何か」と目を輝かせた。

ター君の携帯が鳴った。
女性主の1人が友達と一緒にスーパー銭湯に行くから車を出せ、という命令だ。
おそらくその友達にも尽くすことになるのだろう。
「この男、驚くほどクンニが上手だよ、試してみる?」と紹介されれば。

| 舐め犬 | 01:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。